takau-0celtis’s diary

大学1年留年→卒業後ニート→2年フリーター→25歳ニート就活なう

水をこぼされてお怒りPC

先週の土曜日、パソコンに水を思いっきりこぼした。

かなり焦ったにも関わらず、水がキーボードの隙間を擦り落ちる光景を私はただ静かに見守っていた。

時の流れが一気に遅くなったように感じた。ただただ、その光景を見つめていたのだ。

水が完全にキーボードの隙間に入りきった後、呆然としてたさっきとは一転、スイッチを押されたように狼狽した。バカだ…

とにかく私はパソコンをひっくり返した。するとかなりの水が出てきた。軽く250mlはあっただろう。壊れない程度にパソコンを振るい水を出し切った。

そこで異様な音が聞こえることに気がついた。私のパソコンはかなり古いモデルのThinkPad。普段から小さな音は聞こえるのだが、今回の音はそれとは違った。「ゴオオオォォォ」と力強く鳴っているのだ。パソコンの悲鳴と言うよりは、パソコンの怒声のような音だった。我が身に異物が侵入してきたパソコンは、お怒りだったのだ。

まずい、ショートするかもと思った。私は慌てて電源を切った。

 

それから少し落ち着いて、googleで「パソコン 水 こぼした」と片言の外国人のような安直なワードで検索をかける。

するとどうやら、パソコンに水をぶちまけた同士がたくさんいることがわかり、ちょっと安心した。

中にはジュースやコーヒーをこぼした気の毒な人もいるようで、ただの真水をこぼした私は幾分楽だろうと思った。

 

参照したサイトはいくつかあったが、サイトで言っていることは大体一緒で、「新聞紙やキッチンペーパーに水を吸わせる」とか、「風通しが良い場所に数日置いておく」等、とにかく乾燥に務めることだった。

しかし中でも気になったサイトがあった。

 

ekishousyuuri.com

 

パソコンやスマホタブレットを専門にしている修理店の記事。ここには、安易に乾燥剤を使ってはいけない等々書いてあった。

一時的には復活するだろうが、長期的に使っていくとなると難しい、

中途半端に乾燥をさせてしまうと、内部で水がついた部分が腐敗していく、

やはり、専門の業者に修理に出して、中を分解してもらう方が安全、

などなど。

 

うーん…信憑性は高いだろうけど、金ないしなぁ…と思った貧乏人な私。もはや、業者の考えを受け入れる余裕などなかった。

その日は友人と遊ぶ予定だったので、車でドラッグストアへ連れて行ってもらう。

そこで一番安い乾燥剤を手に取り、ついでにトイレットペーパーも買う。

会計の際申し訳無さそうに、「大きい袋ください」と言った。大抵のドラッグストアでは、取っ手がついているトイレットペーパーのような商品でも入る大きな袋が用意されている。本命はこれだ。

トイレットペーパーはこの大きい袋を手に入れるチケットのようなものだった。

以前ドラッグストアでバイトをしている際、ペーパー入る袋くださいという客が結構多かった。いや、取っ手あるんだからそれ持てや、資源の無駄、なんて否定的に思っていたが、まさか私がその袋に頼る日が来ようとは思わなかった。

 

それから自宅に帰り、パソコンの画面とキーボードの間に乾燥剤をはさみ、巨大な袋にぶち込んで密閉した。

それから一週間後…

無事直った!

キーボードもすべて動作確認、異常なし!

内部のことなんか知らない!

どうせ古いパソコンだし、いや一応大川から譲り受けた代物ではあるけど…

壊れたら新しいの買う。

幻の安定

アルバイトが始まって10日ほど経った。私が契約している派遣会社はほぼノーリスクの日払いも可能で、残金ゼロだった私の生活は、若干の安定を取り戻した。

生活が安定すると、ブログの更新をサボってしまうことがわかった…

元々は、1日1日を大事にしようと始めた日記及びブログだった気がするのだが、まぁいいのだ。

というか本来は就活をしていた身なんだが…こんなことで安定と言っている場合じゃない。

だが、いいのだ…まずは地盤を組み立てることが大事なのだ…

こんな経済的に切羽詰まった状態で就活を行っても、良い結果が出るとは思えない。心身に余裕がないと、あらゆることが上手く行かないみたいなことを、村上春樹も言っていた。

このまま面接に臨んでも、きっとどこか内面の脆さを見抜かれてしまう気がするのだ。そもそもそれ以前の問題ではあったのだが…恐らく以前よりも失敗しそうだ。

とにかく就活よりもまずはアルバイト、と4月中に決めたことなのだ。その時の私の判断を信じよう。

 

父親に就活するわと告げてそろそろ2ヶ月経とうとしているので、ちょっと視線が痛い。

別に親を安心させたいという立派な目的のために始めた就活ではないが、軍資金を貰っておいて内定無しは、さすがの私でも少し申し訳ない気持ちにもなる。

恐らく今の私の生活を見て、今はアルバイトをしていることを察しはしていると思う。特に何も言ってこないということは口出しをするつもりがないのだろう。

そういや大学を卒業する間近にはなぜ就活をしないのかと問い詰められたりしたが、それもいつしか無くなったな。

私としても親との確執を忘れたわけではないが、ちょっと家に居づらいよね。今更だけど。

はぁぁぁぁあああ〜〜〜

しばらく辛抱かなぁ。

カムバック、怠惰

5時寝、14時起き。GWだから、バイトがまだ始まってないからと、お酒を飲み夜更しをしてしまった。少しやりすぎたか。

最近まで健康な生活を送れていたので、14時に起きた時になんとも言えない罪悪感に駆られた。いや、何も悪いことはしていないし、今まではこのような生活をデフォルトで送っていたのだが。

やはり朝に起きることをしばらく続けていたことだけあって、朝活動する時間を無駄にしたことに少なからずショックを受けた。

いやしかし、お酒が入るとブレーキが効かずお酒を飲み続けてしまうし、夜更しもしてしまう。やはり、次の日がアルバイトの時はお酒は控えた方が良さそうだ。朝早いしね。

 

それはそうと元号が変わった。が、私の周りで特別何かが変わるわけでもなくて(働いていなので尚更)、またこれと言った実感もない。

だが、元号が変わる瞬間に立ち会えたのは初めてなこともあって少しだけワクワクしたな。

 

 

就活を一旦ストップしてから、就活をする前の怠惰な日々に戻ってしまった。

朝起きてはゲームを起動しデイリーミッション的なものを終わらす。気が向いたらブログを書く(最近はサボっていた…)、飯を食う。ここから寝るまでが私の自由時間だ。

ゲームが日々のタスクに組み込まれているのは異常かと思われるが、ハマっている物事には全力で向き合うことが私のモットーなのである。まぁほとんど娯楽にしか向かないんだけど。

そして自由時間は大体ゲームか読書、アニメである。

今私がやっているゲームは常に液晶と向き合うタイプのものではなく、アプリを落としても自動でレベリングを行ってくれる。デイリーミッションを終えればあとは放置するだけ。なんてお手軽なMMOだ。これぞモバイル。

ゆえに、暇な時間が増えた。その時間を読書かアニメに費やしている。

読書に関しては、ブックオフで大量に買った安い小説が積読状態なので、その時のフィーリングで選んで消費している。最近はJ・D・サリンジャーにハマっている。

それから魔法科高校の劣等生の映画(一応本編に組み込まれている)を見終えたので、ようやく続きを読めるので新品を買って読んでいる。

アニメは、ハンターハンターのあのシーンとこのシーンが観たいと思いちょこちょこ見ていたら、全話観てしまった。ちなみに私が一番好きな話はハンター試験終了〜ヨークシンのオークション終了までである。ここら辺が最も、ゴン・レオリオ・クラピカ・キルアの友情を垣間見れるところだと思っている。次点で選挙編。ここも彼らの友情が熱い。

それと劣等生も全話観てしまった。期間が空いた小説を読むにあたっての復習も兼ねた。

 

さて、このように娯楽に費やす毎日となってしまっているのは如何なものだろうか。

今はGWということもあって世間的にも就活はほぼストップしているだろう。しかし私の場合それとは関係無しに、就活のことは頭から消えていた。これは良くない。

就活をストップしているだけであって、就活を終わらせたわけではないのだ。

GWだからということを建前にして遊んでいるのだろう。甘えているな。

一応、大川にRubyを触ってみろと言われたので簡単なチュートリアルは終わらせたが、それこそまだ入門以前のことしかできていないが。

とりあえず、Rubyの専門書買おうかな。