takau-0celtis’s diary

23歳フリーターの日記

FF3漬け

私はフリーターなので、暇だ。

大学を卒業して以降、バイトするか、家で生き物の世話をするか、YouTube見てるか、図書館に籠るか、ブックオフで立ち読みするか、友達と遊んで暮らしている。なんとも怠惰な生活である。

そこでふいにゲームをしたくなり、DQ11の購入を検討し、ブックオフに行った。

そこで買ったのが…

 

f:id:takau_0celtis:20170809040300j:plain

 

FF3である。500円で買った。DQ11が盛り上がってるのに何を血迷っているのか、と友人に言われたが、たしかに血迷っている。

DSのソフトのコーナーを見ている際にふと目に入ったのだ。そういや、FFのナンバリングで3はやったことないなと。

私は迷わなかった。500円というリーズナブルな価格。初期や中期のFFではあまり目立たないFF3だが、ナンバリングに外れはないはずだ。

DQ11は、中古で安くなったらでいい。そう言い聞かせ、レジへ向かったのだ。

 

それから、バイトや出かける時以外はFF3に没頭した。

久しぶりのFFのプレイに、私はの心は快楽に満たされた。やはり、FFは日本が誇るロールプレイングゲームだ。物語が進行していくにつれ、ワクワクとする気持ちが高まって行く。バイト中もずっとFF3のこと考えてた。

プレイしてから1週間を迎えクリア。プレイ時間約25時間。クリア時の状態はこんな感じ。

 

f:id:takau_0celtis:20170809040336j:plain

 

レベリングは、バハムートの洞窟を攻略している時に少しやったぐらい。正直、シナリオをクリアするためならレベリングは必要ないと感じた。正規のルートでダンジョンを攻略していくだけで、レベルは後から付いて来る。

 

難易度はそうでもない。中の下か、それ以下だ。

プレイ開始からセーブせずに、超序盤のミスリル鉱山で初見殺しを喰らいはじめからやり直しになった時は、なんだこのゲームは、と思ったが案外そうでもなかった。

また、超序盤の封印の洞窟でも敵の通常攻撃が高くて、全員後列にして全員後列でポーションをぶん投げる(ザコ敵は全部アンデット)など、

序盤でこんな戦い方強いるか普通?とは思ったが。。。

ただし、それらを除けば特別苦労した覚えはないかな。

ガルーダやバハムートなどの、普通に戦ったら勝てないボス等は、ジョブを変えて挑めば勝てるようになっている。

このゲームはジョブがたくさんあるので、どんな編成で行こうか迷うかもしれないが、ケースバイケースでジョブを変える必要がある(縛りでもしてない限りは)。

FF3は、一つの編成で進めるゲームではないのだ。適宜ジョブを変え攻略していくシステムになっている。

 

ストーリーはとても興味深かったが、キャラ同士の会話がかなり少ない気がした。

まぁそれもFFシリーズではご愛嬌なのだが、せっかくのリメイク作品なんだし、そこはもうちょっと足してやってもよかったんじゃないかというのが正直な感想だ。

このゲーム2006年のものだから、今更こんなこと言っても…という話だが。

 

不満があるとすれば、モグネットというシステムだろう。ワイヤレス通信か、wifi経由でプレイヤーに手紙を送るという誰得システムなのだが、このシステムを利用しないとアルテマウェポンの入手、たまねぎ剣士のジョブの入手、裏ダンジョンへの道など、超重要イベントを利用できない。

しかし残念なことに、DSのwifiシステムはサービスが終了してしまったので、頼みの綱はワイヤレス通信をDS & ソフト2台持ちでリアルにやるしかない。

だが、ただこのためにFF3をもう一つ買うというのもなぁ、と思った。

PSP版やスマホ版はストーリーにを進めるだけでモグネットを利用できる仕様になっているので、頭を抱えるのはDS版プレイヤーのみだ。

私は結局、アルテマウェポンを入手せずクリアすることにした。裏ダンジョンでてつきょじんと戦いたかったが、それも諦めた。ストーリークリアだけで満足だ。

 

何はともあれ、とてもエンジョイができた1週間であった。

そして私は飽き足らず、次のゲームを買った。

 

f:id:takau_0celtis:20170809040410p:plain

 

通称「光の4戦士」。発売当初高校1年生の私には荷が重くで、途中で諦めたゲームである。

メルカリで買った。価格は400円。やっすい。

またしばらくは、このゲームで暇を潰そう。楽しみだ。

変わらない日々

ブログの更新がかなり滞ってしまった。2ヶ月ほどか。
理由は、パソコンを売ってしまったらだ。
別にスマホタブレットでも更新はできる。しかし、フリック入力で文字を打つのは非効率だし、何より面倒臭い。
面倒をしてまでブログを更新する必要はないとは思いつつ、しかし更新をしたいという思いは残っていた。
パソコンを新しく買えばいい、これが最も手っ取り早い解決法である。しかし、金がない。
そもそも金ががなかったからパソコンを売ったのだ。Mac Book Proを。新品を18万くらいで買ったが、売値は7万であった。なんとも世知辛い
だがいずれはパソコンを購入する。3万ほどのやっすいパソコンでいいだろう。メモリが4GBもあればChromeでのブラウジングには十分であろう。
だが、日に日に私のブログを書きたい欲は強くなっていった。


ではパソコンを買うまでの期間に、どう更新をしようか。
フリック入力は面倒。文字の入力において、パソコンのキーボード入力ほど便利なものはない。
そこで、Bluetoothのキーボードを使うことにした。これならば、iPhoneタブレットでも、キーボードを使って文字を入力できる。
そして今実際にキーボードを使って文章を書いている。
変換がクソほどに不便であるが、入力に関しては月並みといったところか。十分だ。
もっと早く、キーボードの使用に踏み込めばよかったと思った。せっかくブログを毎日更新できていたのに。
まぁ、別に後悔することでもない。これはただの自己満足であり、娯楽だから。

 

さて、ここ3ヶ月の間、目新しいことは何もなかった。
バイトを始めたくらいだ。ドラッグストアでのバイトなのだが、レジ業務がほとんどだ。私ははレジの操作は初めてだったのではじめは苦労したが、すぐ慣れた。
結局のところ、レジ業務はサービス業であり、接客業だ。接客業は好きではないがどちらかといえば得意なこともあり、仲良くなった客もできた。大半は爺さん婆さんだが。良い人たちだ。
爺さん婆さんは良い人が多い。だが打って変わって、面倒な客(クレームとかしてくる客とか)は爺さん婆さんばかり。一長一短だ。
何回か観察しているうちに気付いたのだが、爺さん婆さんたちは人見知りをせず、店員に気さくに話しかけ、思ったことを素直に口にする傾向があることが多いように思った。
一方若者や中年の人たちは、その逆。
時代なのだろうか。
その人たちの時代および社会の傾向が反映されているように感じた。尚、すべて私の主観だけどね。

もちろん、これはそういう傾向を感じただけであり、例外ももちろんある。
このようにレジ業務は常に人と接する作業なので、たまにこのようなことを考える。興味深いと思うことも多い。

 

さぁ改めて、ブログの更新を再開したいと思う。
パソコンを用いない分不便ではあるが、日記を書きたいのだ私は。
なぜ日記を書きたいかはよくわからない。これは直感的な欲なのだ。

青コリを屋外に移動。夏を乗り切れ

5月23日、火曜日。24時就寝、6時起床。 起きてすぐ、ブルーな気持ちが襲ってきた。心に不安が募っていく。

その不安は具体的ではなかった。将来への不安か、現状の後ろめたさからくる不安か、これから先も孤独なのかという不安か。どれも当てはまるがどれでもない。全部引っくるめて訪れた不安かもしれない。

コーヒーを飲んでタバコを吸う。気持ちは少し落ち着いたが、テンションが全然上がらない。

水槽のライトを点灯し、魚たちに餌をやる。朝飯に551蓬莱の豚まんを食す。食後にもう一度タバコを吸う。朝のルーティンは終えた。だがダメだ、ブルーだ。

ブルーな気持ちになると急に眠気がやってくる。ブログを投稿し、寝た。不安な状態でもブログを投稿できた自分を褒めてやりたい。

 

そして起きたのは14時。普段なら「生活リズムが〜」なんてことを言うのだが、今回は気にしない。不安を抑えることが何より優先だった。

たくさん寝たら、不安は感じなかった。テンションも通常運転だった。だが、不安は消え去ったわけではない。心の奥底にしまわれた感覚だ。またいつか予期せぬタイミングで、しまわれた不安は浮上してくるのだろう。それが怖い。

 

 

f:id:takau_0celtis:20170524131332j:plain

 

屋外に置いてある発泡スチロール。この発泡スチロールは、イト○ヨ○カド○でバイトしていたころに、青果コーナーで仲良くしていたパートさんからもらったものだ。一番大きいのをもらった。多分水40Lくらいは入るんじゃないだろうか。

ここに適当に魚を入れている。水面全域がアマゾンフロッグピットに覆われていて全然見えないが、金魚×5とゴールデンバルブ×6、マドジョウ2匹、あとレッドラムズホーンが無数にいる。

この日は新たに魚を投入した。と言っても、新しく買ってきたわけではない。室内の水槽の生体を移しただけだ。

 

f:id:takau_0celtis:20170524132508j:plain

 

少し見辛いだろうが、コリドラス・パレアタス、通称青コリだ。

青コリの写真を撮ろうとしたのに、他の魚たちがエサかエサかと寄ってきたのが邪魔で少し困った。だが、それが魚のかわいいところでもある。

室内水槽にはタイガープレコがいるのだが、青コリがそのプレコにタックルをされるのだ。それを見て、不憫だなぁ、とずっと思っていた。

そこで思いついたのだ。外の発泡スチロールに入れちゃえ、と。

気温もどんどん暑くなってきているし、良いタイミングだろう。青コリは全部で5匹いるのだが、今回はテストということで3匹だけ発泡スチロールへ投入した。

無事に夏を超えることができたら、越冬を試みたい。

 

青コリは日本で越冬ができる種で有名だ。特に青コリは水温、水質共に耐性がめっぽう強く、熱帯魚の中でも最強の生命力を持っている種と言われている。そのあまりの強さに青コリ最強伝説なるものも作られた。もちろんネタである。

 

www29.atwiki.jp

 

だが、強いからといって雑に扱っていいわけではない。いくら強いと言われてはいても、死ぬ時は死ぬ。

 

青コリの原産は南米。その南米でも冬に雪が降るような地域で生息しているらしい。

ペットショップで売られている青コリはブリード産だ。南米から直接採ってきたワイルド産ではないため、ブリード産は冬を知らない。

だが、冬を超えるポテンシャルは持っている。青コリの越冬に成功したアクアリストは数知れず。また、多摩川に魚採りにいったら青コリが採れた、なんて話も聞く。

 

まぁまずは様子見だ。異変を感じたら室内の水槽に戻すとしよう。