takau-0celtis’s diary

23歳フリーターの日記

兄を名乗るオレオレ詐欺が我が家に。一方兄はリビングでポケモンをしていた

とうとう我が家にオレオレ詐欺の電話がかかってきたらしい。

 

父から聞いた話だ。21日の正午、家には父と兄と弟が滞在していた。

電話が鳴る。我が家に掛かってくる電話はセールスがほとんどだ。面倒なので私は電話に出ないことにしているが、私以外の家族は電話に出る。

父が電話を取った。すると相手は慌てた様子で父へ名乗りをあげる。

 

「もしもし!?こうきだけど!」

 

こうきとは、私の兄の名前だ。

父はポカーンとした。こうきは家にいるんだけど、と。そしてこれはオレオレ詐欺だと父は確信した。

兄は社会人で、日曜を定休日にしている。父が電話を取っている最中、兄は弟とリビングでポケモンバトルをしていた。兄と弟はポケットモンスター サン・ムーンにハマっているのだ。

父はリビングでポケモンバトルをしている2人に目をやる。こうきは家にいる、その事実を念のため再確認した。

不幸にも電話の相手は、兄が家にいることを知らずに兄を装った。相手は初めから詰んでいたのだ

 

「こうきだと?」

「うん…!」

「あのなぁ、こうきは今家にいるんだよ」

「…」

 

核心を告げる父。出鼻を挫かれる、とはこのことだ。これには相手もお手上げだろう。

父はとうとう我が家にもオレオレ詐欺がきたか、と感心すると同時に、兄の名前を知られていることに驚いたそうだ。

こいつとこれ以上話すことはない。相手も兄が家に滞在している事実を知ったことで諦めるだろう。父は電話を切ろうとした。しかし、

 

「か、母さんは?母さんはいる?」

 

相手は諦めなかった。父がダメならばと、母に活路を見出そうとしたのだ。

それは一種の悪あがきだったのだろう。為す術がないゆえの悪あがき。まるでポケモンだ。

だが母は家にいない。仮に母がいたとしても、見え見えの嘘をついている相手に見す見す電話を変わるわけがない。

だが可哀想なことに、その悪あがきは別の意味で悪手だった

 

「母さんだと!?」

「うん…!」

「うちは母さんじゃなくてな… 

 

 

 

ママって呼ぶんだよ!!!

 

 

 

そう、我が家の両親の呼称は、父さん・母さんではなく、パパ・ママだ。出だしだけでなく、まさかこんなとこでも躓くとは思いもしなかったんじゃないだろうか。

相手は兄の名前を知ることはできても、母の呼称まで知ることはできなかったのだ。まぁ、兄が家にいる時点で相手の計画は頓挫していたのだが。

 

ガチャンッ 

 

相手に何も言わせず、パパは勢いよく電話を切った。

振込の要求さえままならなかったオレオレ詐欺。こんな気の毒なこと、あるだろうか。

 

 

かくして、我が家に訪れたオレオレ詐欺の魔の手は、パパによって撃退された。振込の要求を確認できなかったため、オレオレ詐欺と決めつけていいのかは微妙なところだが、まぁ十中八九オレオレ詐欺だろう。

相手は運が悪かった。家にいる兄を装い、母をママではなく母さんと呼ぶ。ボロしか出ていない。

兄ではなく私の名前を使われていたらまだわからなかった。私はその時、大川と会っていたため自宅に滞在していなかったのだから。しかも私は無職だ。オレオレ詐欺で装う息子としては、何を仕出かすかわからない無職はうってつけだ。

だが仮に私を名乗っていたとしても、パパはオレオレ詐欺を撃退しただろう。そんな気がするのだ。

もし兄が電話を取ったらどうなっていたんだろう。すごい気になる。

日光すげえ

5月22日。24時就寝、9時起床。前日の1時就寝、11時起床から徐々に直していく。生活リズムが一気に狂わなかったことに安堵した。

 

 

この日は14時にバイト先へ書類を提出しに行った。片道徒歩10分でバイト先へ行けるというのはとても魅力的だ。だがこの暑さときた。10分歩くだけでかなりの汗をかいた。

私は天然パーマなので汗をかくと、せっかくセットした髪がクネクネしてくる。これが嫌で、夏はあまり好きではない。

バイト先へ着いて、店長の松岡さんに書類を提出。私の電話番号とメールアドレスを教え、パートさんたちに挨拶をして帰った。10分も掛からなかった。

 

その後、大川の家へ赴いた。大川の家には誰もいない。用があるのは人ではなく、私と大川の共同金魚鉢だ。大川に水換えを頼まれたのだ。

「お前ニートだし暇だろ?水を換えてくれ」と大川は言った。ニートだからといって暇なわけでは決してない。やることはあるのだ。ニートをやったことがない奴がそう安安とニートを語ってはいけない。

金魚鉢の水は濃い緑色をしていた。これをグリーンウォーターという。植物性プランクトンが多い水だったっけか。詳しいことは知らないが、グリーンウォーターは金魚に良いとされている。

ただ、グリーンウォーターにも程度があって、薄い緑から濃い緑、茶色っぽい緑まで色のバリエーションがある。日光の照射時間によって薄い緑から濃い緑、濃い緑から茶色い緑っぽい緑へ変わるそうだ。

薄い緑から濃い緑の範囲が金魚に良いとされているらしい。茶色はダメだそうだ。今回は濃い緑色だったが、如何せん大川はこの金魚鉢を手入れをしない。もう1週間以上水換えをされていなかったので、半分ほど水を換えることにした。

プロホースでガンガンと水を吸っていく。バケツ1杯分水を吸い上げたら、今度はカルキを抜いた水をバケツ1杯分戻していく。これを何度も繰り返す。

一気に大量の水を抜いて、一気に大量の新しい水を戻すようなことはしない。こうやっ

てチョコチョコと水を換えているのは、金魚やバクテリアになるべくダメージを与えないようにした配慮である。効果の程は知らない。もしかしたら、魚やバクテリアにとっては気休め程度の配慮かもしれない。

 

この金魚鉢は水量が結構多い。60Lくらいはある。水換えに30分ほどかかった。そして今度は砂利を洗う。私と大川がvaingloryで勝負をして負けた方が砂利を買う、という出来事で私が勝利したため、大川が砂利を負担したのだ。

だが大川は砂利を買わず、自分が持っている余っていた砂利で代用した。まったく、卑怯な奴だ。せっかく上等な砂利を買わせようとしたのに。

砂利を5回くらい濯いで金魚鉢に投入する。その際、金魚の体に砂利の粉末が付着してしまった。金魚を手で掬って付着した砂利を落としてあげる。

これで水換え&砂利を敷く作業はおしまいだ。

 

f:id:takau_0celtis:20170523152745j:plain

 

濃い緑だった水は薄い緑となった。だが日差しが当たるとすぐ濃い緑に戻ってしまう。特に今は日差しが強くなってきているため、そのスピードは早いだろう。

 

日光というものは様々なものに影響を及ぼす。人の水分を奪ったり、植物の光合成を促したり、水の植物性プランクトンに影響を与えるなど。また、影響が及ぼされるのは有機物に限らない。プラスチックや砂など、数えればキリがない。

特にプラスチックは人間の生活に身近なものだ。例えば、洗濯バサミ。これは日光を浴び続けると劣化する。劣化をした洗濯バサミは少し力を込めるとパキっといってしまう。

生き物飼育者が愛用するプラケースもその範疇だ。私が外に1年以上放置していたプラケースはもう使いものにならないくらい劣化していた。

 

 

話がずれた。

金魚のために、そろそろすだれを買うか。

バーベキューでハンバークを焼かせてくれ

5月21日。バーベキューをする日である。

この日のために大川と七輪を買った。なぜかわからないのだが、大川がバーベキューをやりたい衝動に駆られていたのだ。

大川はステーキを焼きたいと言っていた。なるほど、じゃあ私はハンバーグを焼くと言ったら却下された。ハンバーグは違う、と。なぜだ。

バーベキューは自分が焼きたいものを焼けばいいのだ。その点は焼肉と変わらない。そもそも、バーベキューと焼肉は何が違うのかと思ったが考えるのをやめた。知ったところでどちらも主に肉を焼く行為という点では変わらないので、別に区別する必要はないと思ったからだ。

 

 

その日はまずおぐまの家で起きた。500ml缶のお酒を5本飲んだことによって二日酔いに襲われた。少し前まではこの程度の量は平気だったのに。酒を最近控えていたので耐性が弱まったのだろうか。

結局、二度寝を繰り返し11時に起床した。なんということだ。せっかく生活を立て直したばかりだというのに。調子に乗りすぎた。

起きたら大川から買い出しいくぞと連絡が来ていた。二日酔いに毒された私の本能はこう告げていた。動きたくない、と。しかし、動かなければならない。なぜなら、大川は待たされると怒る。少しの遅刻でも怒る。こいつは待たされることが嫌いなのだ。

 

以前渋谷へ買い物に行く約束を私が5時間ほど遅刻(寝坊)したら、大川はしばらく口を聞いてくれなかった。別に5時間くらいいいじゃないか、とは流石にならなかったのでとりあえず謝った。

5時間も遅刻すれば誰でも怒るだろうか。私は最長8時間待たされても怒らなかった実績があるので、その気持ちはよくわからない。近辺の喫茶店とかブックオフで暇を潰した記憶がある。

しかし当時の私は遅刻に加え「大寝坊したわ〜とりあえず髪切ってくる」と言ったのだ。大川はこれでカチンと来たらしい。今思えば、怒られても仕方がなかった。

 

そういうわけで、こいつを待たせてはいけない。タバコを1本吸ってすぐに自宅へ向かった。

シャワーを浴びて大川と合流。近所のラーメン屋で遅めの朝飯をたいらげる。やはりラーメン屋のチャーハンは美味い。写真を撮り忘れた。

 

その後は食材買い出しして、夜まで各々待機かと思ったのだが、喫茶店で時間を潰すぞと言われ近場の喫茶店へ。店主さんは「2週連続で来てくれましたね〜」と、私たちを覚えてくれていた。

今までは最寄りの喫茶店といえばバスを使わなければならなかったため、自宅から徒歩3分というアクセスの良さはとても魅力的だ、みたいな話をした気がする。

この喫茶店で大川は仕事をすると言っていた。こいつはWEB系のセキュリティを専門にしているエンジニアだ。この業界はPCさえあればどこでも仕事ができる点は魅力だろう。

だが、大川は仕事をすることはなかった。この喫茶店にいる時間をすべて私とvaingloryで潰してしまったのだ。ゲームには、やらなければならないタスクを後回しにする効力がある気がする。それを意思が弱いだけとも言うが。

 

その後、新たな友人と合流した。今回のバーベキューは私と大川と友人の3人でやるのだ。

この友人を外村としようか。外村は私の大学時代のゼミ友だ。私の仲介で大川とも遊ぶようになった。

外村はやんちゃだ。DQNのような奴で、仲が良い人には優しいがそれ以外に人には横暴な態度を取る。

酒が入るとその特性はヒートアップし、少しでも気が触るようなことをされたらすぐ喧嘩を吹っかける。

店員への態度は悪いし口も悪い。すぐクレームや文句を入れる。そして、待てない。特に居酒屋で1杯目の酒がすぐ来なかったらメチャクチャ切れる。

でも、仲良くしてる奴にはとても良い人間に映る。DQNというのは仲間を大切にすると言われているが、本当なんだなと思った。

 

外村が軽自動車を飛ばして登場。私と大川はそれに乗り食材の買い出しへ向かう。

外村がすでに2000円分の肉を買っていた。それだけでお腹一杯になれるんじゃないかと思える量の肉だった。

ホームセンターへ向かい、スモークチップ、食材、ウェットティッシュ、炭を購入。

そしてスーパーで、1ポンドの肉を3枚。ベーコン3本、ウィンナー2袋、車エビ2パック、ホタテ2個を購入。買いすぎた気しかしなかった。しかし、私たちにはバーベキューや焼肉などで沸く「食い切れる自信」が生じていた。絶対食べきれない、そんな予感があるにも関わらず、その予感を跳ね除ける食い切れる自信。私たちは食材をどんどんカゴに詰めて行った。

 

そして大川の家に到着。バーベキュースタートだ。

 

f:id:takau_0celtis:20170523064413j:plain

 

分厚い1ポンド肉を焼く。 切った方がいいんじゃないかと言っても、「男は豪快に焼く」と聞かない外村。しかし端っこのほうに火があまり通らず、外村は肉をハサミでチョキチョキ切り始める。その姿がやけに情けなかった。

というか、なんで焼く前の肉を撮っているんだ私は、普通は焼きあがった肉だろう…

焼きあがった肉にステーキソースをぶっかけていただく。美味い。肉ってなんでこんなに美味しいんだろうかと再度問うた。しかし答えはどこからも帰って来ない。ひたすら食い続ける。

 

f:id:takau_0celtis:20170523065024j:plain

 

これはチーズとウィンナーの燻製。色がいい。しっかりと味が付いてそうな色。燻製はどれも酒のつまみに合う。

 

f:id:takau_0celtis:20170523065323j:plain

 

続いてホタテ。火加減が本当にわからなくて、結局身を裏返しにした。

 

1ポンドステーキを3枚たいらげたところで私たちの腹は限界を迎えた。やはり多すぎたのだ。

休憩をはさみ、外村が買った肉も食べるが、1パックしか食べれなかった。

食べきれなかった肉は大川の家に寄付となった。まだ肉が残ってたら来週も開催したい。