takau-0celtis’s diary

大学1年留年→卒業後ニート→2年フリーター→25歳ニート就活→25歳ニートIT企業に就職

ここに復活

最後の更新から約2年。更新を再開しようと思う。

理由は、パソコンを手に入れたため。

友人のサブPCを譲ってもらったのだ。ちなみにOSはUbuntuが入っている。特にLinuxディストリビューションで何かをしたいわけでもないが、とにかく念願のパソコンが手に入った。

スマホでの更新を試みたことはあってスライド入力の遅さに挫折したが、パソコンが手に入ればネトゲで培った高速タイピングによって長ったるい活字を入力するのはお手の物だ。

というわけでこれにてひっそりひっそりと温めていたブログ更新を再開。続くかはわからない。

できることなら、今までのように毎日更新を目指したい。そう、できればね。

 

 

 

さてこの2年間何をしていたかというと、ゲームと酒飲みくらいだ。

仕事の方はというと、相変わらずのフリーターである。

地元のドラッグストアでアルバイトを続け、必要最低限の生活費を稼ぎ生きながらえていたと表現するのが好ましい…

そう。この2年間、将来のことは考えずに怠惰な日々を送っていた。

アルバイトに関しては特にこれと言った語りたいことはないんだな。レジと品出しのとてもシンプルな業務。

でも私が住んでいるところは都会と言えば都会な市町村だが、そんな都会な市町村の端っこ。都会なのに田んぼがある。都会に紛れた田舎である。

ゆえに、お客さんには町に長年住み着いてるじいさんばあさんが多い。そういう人たちって、店員に気さくに話しかけてくれるんだよね。

そういう人たちとレジを通してお話するのは普通に楽しかったよ。

 

ほんと、それくらいだ。従業員間での飲み会とか一回しかなかったし、そもそもそこまで仲は良くなかった。

だがそんなアルバイトも2年を境に辞め、私は今転機を迎えている。

アルバイトを辞めて(またニートになってしまった!)、就職活動を始めたのだ。

理由は自分でもよくわからない。

正直なところ私は思いついたら衝動的に行動してしまうタイプで「よし、就活するかー」とマイナビ新卒でエントリーし(新卒じゃないのに)、あっという間に選考を受けてきた。

爆死したけどね。

なぜだろう、春が訪れると、新生活の匂いがするのだ。冬が明けほのかに暖かい空気を感じ、桜の木が厳しい冬を超え再び生気を帯びて花を咲かせようとしているのを見ていたら、「また新しい1年が始まるのかぁ」と毎年思う。

今年はその空気・匂いに釣られてサッと就活を始めてしまった。

私も今年で26歳を迎えるし、そろそろ働かなきゃ、と。そう思わされたのだ。いや、遅すぎるんだけどね。

 

ちなみに業界はITに絞った。大学がそういう学科だったし、得意っちゃ得意だからだ。

プログラムを書く仕事か、サーバをいじる仕事に就きたいとは思っている。

さて今週は2社面接があるから気合を入れねばならない。

ニートの就活、どう転ぶかな。