takau-0celtis’s diary

大学1年留年→卒業後ニート→2年フリーター→25歳ニート就活→25歳ニートIT企業に就職

再びフリーターへ

メイプルMに夢中になりすぎて更新を疎かにしてしまった。

しかも起きる時間帯が夜のため、起きてからすぐブログを書くのはなんか憚られた。

特に夜の時間帯は家族が部屋に入ってくることが多いので(私の部屋は物置きも兼用されている)、誰かにブログを書いている姿を見られたくないのだ。

ゆえに、ベッドの上でひたすらゲームをしていたら、気付いたら朝を迎えたりしている。

だが今日は昼前に起きた。生活リズムは徐々に戻りつつあるか。

 

 

メイプルM、すごいハマりようだ。他のことに手がつかないレベル。

このゲームはアクションよりもRPG要素が強い。クエストやオートモードを繰り替えしてレベルを上げるわけで、従来のメイプルのように長時間自分で操作することはほとんどない。

一部のランカーは、オート狩りモードより手動の方が効率が良いので手動で何時間を狩り続けているそうだが、私はそこまでしなくていいかなと。まったりやれればいい。

今113レベルまで来たが、もうここまでくるとレベルの上がりにくさが顕著に出てきた。

今までのようにクエストを10回ほどこなせばレベルが上がるということが無くなった。狩りにおいても、1分1%ほどしか上がらない(昔の本家でなら超効率)。

だが、アクション要素が必要なものはもちろんある。

遠征隊という名目で、ジャクム討伐に挑むことができる。現在の本家のジャクムは1人でも数秒で難なく倒せるそうだが、メイプルMでは人数制限10人での遠征。

イメージとしては昔のジャクムに近い。ただすぐに倒すことができる点は違う。

ちなみに経験値は手に入らないのだが、アイテムを2個低確率でドロップする。

しかも討伐後、火力・ポーション使用数のランキングが表示されるのだ。火力を出して気持ちよくなりたい人にはもってこいのイベントだろう。

ただ、その遠征隊ですらオートモードがある。お手軽さの極みだ。

 

 

さて、進路についての話。

とりあえず、アルバイトをして生計を立てることにした。さすがにノー収入はマズい。

正直なところ私は就活をナメていた。4月中頑張れば、5月には働けると思っていた。

しかし内定は出ないことはおろか、1次面接で落とされてしまう現状。5月に働くことは難しい。だから、とりあえず生活が安定するまでアルバイトをするしかない。

アルバイトをするならば地元周辺にしようと思った。近い方が便利なのは間違いないし、バイトが終わったあと飲みにいける。

だが如何せん、駅周辺は飲食かコンビニ・スーパーのバイトばかりだ。

正直飲食はもう二度とやりたくない。ラーメン屋のバイトを4年続けて思い知った。

コンビニ・スーパーもやりたくない。レジと品出しには飽きた。

そこで、一番の候補に上がったのがイト○ヨ○カド○に戻ることだった。主に飲料・酒の品出しなのだが、楽だったし何よりサボってタバコを吸える点が素晴らしかった。

また、シフトもいつでも入れてくれたし、出れない日は事前に言えば絶対休ませてくれた。私はあまりしなかったが、当日欠勤も全然出来たし、誰かが欠勤しても業務に影響が出ることはあまりなかった(レジだったら絶対無理)。

しかし、円満な感じで辞めたのにまた何食わぬ顔で戻るのも虫がいい話である。やっぱりやめた。

そこで駅周辺でアルバイトを探しつづけていたのだが、良さそうなバイトを見つけた。アマゾン倉庫のピッキングのバイトだ。

これはネットで様々な体験情報が流れていて、そこまでキツくないよという声も多い。

最もな利点として、拘束時間が長い故に一日でそれなりに稼げることがある。金がない私にとってはもってこい。そして長時間働いた後に、仕事終わりの友達と合流して飲みに出かける。素晴らしい。

また、空調完備、食堂有り(しかも安い)、仕事場にウォーターサーバーが設置してありいつでも飲める(レジに入るとこんなことできない)といった様々な利点があるのは魅力的。そこはさすがの世界的大企業の労働環境といったところだろうか。まぁ黒い話もチラホラあるけど。

というわけで、早速応募した。無事働ければ、金銭的な悩みが解決する。

ある程度生活に余裕ができれば、また就活を再会したい。