takau-0celtis’s diary

大学1年留年→卒業後ニート→2年フリーター→25歳ニート就活→25歳ニートIT企業に就職

プチバーベキュー

昨日は27時間起きていたため、家についたらすぐ寝てしまった。

あの、眠気の限界が来て、気を失うように寝てしまう感覚が結構好きだ。

超しょうもない趣向だがこういう暇な期間にしかできないことでもある。きっと、バイトをまた始めたらそんな余裕はあまりなくなってくる。

きっと、今しかできないことが他にもあるはずだろう。

せっかくの暇な期間なので、1日中ゲームばっかりせず、今しかできないことがないか考えてみるかなー

 

 

昨日は昼の13時くらいに眠気が来て、そろそろ寝ようかと思ったら外村から遊ぼうと連絡がきた。大学の同期である。

外村は車でうちへ来て、暇だから来たけど行くあてないんだよね、みたいなことを言い出した。

その後すぐ、とりあえず腹が減ったからとコンビニへ連れていかれ、コンビニの前の階段に座って一緒に軽食を取った。コンビニの前にたむろして飯を食うとか、中学以来だった。

そしてその後大川が合流。そこで、外村が突然、「19時からキャバ嬢と飲みにいくわ」と言い出した。そのため、あと30分しか遊べない事態が発生し、

茶店に入るにしてもすぐ出なければならないため、仕方なくコンビニに車を止め、3人で第五人格をやった。

3試合ほどした後「じゃ、キャバ嬢とセックスしてくる」と外村が言い、颯爽と車で帰っていった。

あいつ結局何しに来たんだよwwと大川と話してた。

 

外村が帰った後、大川と行きつけの居酒屋へ行くが予約で埋まっていて、行くあてを失ってしまった。私と大川の家の近辺の徒歩5分圏内には、そこしか居酒屋はないのだ。

どうしようと考えていたら、大川が「うちの庭で外飲みするか」と言い出した。

燻製かな?と思っていたら、どうやら奴はバーベキュー用の小さいコンロを持っているようで、急遽バーベキュー飲みをすることになった。

近所のスーパーでサザエとむきエビ、ステーキ用の牛肉、酒を買ってプチバーベキューをした。

 

f:id:takau_0celtis:20190422074757j:plain

2枚で1500円の牛肉(この値段から半額で買った)

 

今見てもいい色つきだ(笑)

肉を焼いてる間、2人して家に入って肉と火元を放置するという、一番やってはいけないことをしてしまったが、肉は焦げてなかったし火事の心配もなかった。実際結構焦った。

肉はレアで焼いたやつ方が美味かった。

 

 

こういった飲みは本当に財布に優しい。サザエ、むきエビ、牛肉(半額)、やっすい焼酎、お茶2Lを買っても1人1000円で済んだし、これだけで満足した気持ちになれる。

居酒屋に行くと2~3000円かかってしまうので、やはり自前で用意する方がコスパが良いことを思い知った。

酒も食べ物すべてがとても美味しかった。特別レベルが高くなく、どちらかと言えば安くて陳腐な食材ではあったが非常に満足のいく味だった。

サザエは初めて焼いたので食べ頃がわからず少し固くなってしまったが、それでも美味かった。サザエを焼く時に漂う磯の香りと、こぼれた醤油が焦げた匂いがとても食欲をそそったね。これだけでかなりテンションが上がるので、サザエは最初に焼くのが好ましい。

以後のバーベキューではサザエは必須になるだろう。