takau-0celtis’s diary

大学1年留年→卒業後ニート→2年フリーター→25歳ニート就活→25歳ニートIT企業に就職

最先端の倉庫

昨夜は0時に就寝し、今日は7時に起きた。いい感じだ。

GW中にはバイトが始まるので、もう夜更しはやめよう。

メイプルMのログイン時間は0時でリセットされてしまうので、どうしても0時以降にやりたいことが山積みになってしまうので、この誘惑に勝てるかが重要だ…

そういや本当は昨日ブログを投稿しようと思っていたのだが、書いている途中に誤ってアップデート完了後の再起動ボタンを押してしまい、記事がパーになって萎えてやめた。

 

 

先日、アマゾン倉庫のアルバイトの説明会へ行った。

所要時間は4時間で、ざっくり言うとアルバイトをするに当たってのルール・モラル・安全の説明と、倉庫内での作業の簡単な実践、個人情報・健康状態等の登録をした。

その際、SNSやメディア等での情報開示は禁止とされ、守秘義務を要求されたので詳しくは述べることはできないが、とてもしっかりしている印象だ。

私は一応派遣会社を介してのアルバイトなのだが、たかが派遣とは扱わずとても丁寧な説明・扱いを受けた。

 

倉庫内の様子もかなり驚かされた。以前テレビの特集でアマゾン倉庫の様子を見たことはあるが、実際に見るとまぁ驚く。

巨大ルンバのようなロボットが何台も、ロボット同士がぶつからないような精密な動きで大きなコンテナを中々のスピードで動かしていた。

これくらいは書いても良いだろう。テレビに出てるし。Youtubeで検索しても出てくる。

もう重いものを運ぶ能力に関しては、機械の方が人間より遥かに勝っていると感じた。まぁそれは当然か。

一応、巨大ルンバが動いているエリアは人の立ち入りが禁じられている。あの機械はどうやら、障害物(人間含む)とぶつかっても停止しないようプログラムされているらしい。

 

だが打って変わって、商品を棚から取ってくるピックという作業はまだ人間が行っている。

目的の商品がどのエリアにあるか、エリアに到達したらどの棚にあるか、棚から目的のものを限定して取り出せるか、と言った段階的で複雑な作業はまだ機械は行えないのだろう。

正直、この能力ですら機械が勝ってしまったら、人間としては為すすべがない。とうとうバイトいらねーなって感じだ。

こんな未来は何年後になるだろうか。そうなれば、働き手がかなり減って小金を稼ぎ辛くなってしまうな。

 

あと良いなと思ったのは、作業場、食堂以外にも至るところにウォーターサーバーがあるところだ。想像以上の数で、夏場でも水に困ることは恐らくない。さすがだ。

また飲み物を持参してくる必要もないので節約にもなる。食堂のメニューもかなり安いみたいだし、乞食にはもってこいの職場な気がする。

 

一番驚いた出勤退勤を押すタイムカードのシステムだったのだが、これは口外しないでおく。多分これが一番最先端。

 

 

さて、GW中にはアルバイトが始まる。

一番の難関は朝だ。私は朝が超が付くほど苦手。遅刻の常習犯。

にも関わらず、5時半起きなのだ…これはキツイ。

5時半に起きてシャワーを浴び、準備をして最寄りの駅までチャリを漕いで行く。私はボンビーなので今はバス代すら節約したい故のチャリ。所要時間は先日計ったら20分だった。けっこう掛かる。

そして電車を乗って目的の駅へ行き、無料送迎バスに乗る。片道おおよそ1時間半だ。交通費の出ないアルバイトで往復3時間掛かるのは今思えばミスったか?

まぁあとは業務内容次第だな。