takau-0celtis’s diary

大学1年留年→卒業後ニート→2年フリーター→25歳ニート就活なう

水をこぼされてお怒りPC

先週の土曜日、パソコンに水を思いっきりこぼした。

かなり焦ったにも関わらず、水がキーボードの隙間を擦り落ちる光景を私はただ静かに見守っていた。

時の流れが一気に遅くなったように感じた。ただただ、その光景を見つめていたのだ。

水が完全にキーボードの隙間に入りきった後、呆然としてたさっきとは一転、スイッチを押されたように狼狽した。バカだ…

とにかく私はパソコンをひっくり返した。するとかなりの水が出てきた。軽く250mlはあっただろう。壊れない程度にパソコンを振るい水を出し切った。

そこで異様な音が聞こえることに気がついた。私のパソコンはかなり古いモデルのThinkPad。普段から小さな音は聞こえるのだが、今回の音はそれとは違った。「ゴオオオォォォ」と力強く鳴っているのだ。パソコンの悲鳴と言うよりは、パソコンの怒声のような音だった。我が身に異物が侵入してきたパソコンは、お怒りだったのだ。

まずい、ショートするかもと思った。私は慌てて電源を切った。

 

それから少し落ち着いて、googleで「パソコン 水 こぼした」と片言の外国人のような安直なワードで検索をかける。

するとどうやら、パソコンに水をぶちまけた同士がたくさんいることがわかり、ちょっと安心した。

中にはジュースやコーヒーをこぼした気の毒な人もいるようで、ただの真水をこぼした私は幾分楽だろうと思った。

 

参照したサイトはいくつかあったが、サイトで言っていることは大体一緒で、「新聞紙やキッチンペーパーに水を吸わせる」とか、「風通しが良い場所に数日置いておく」等、とにかく乾燥に務めることだった。

しかし中でも気になったサイトがあった。

 

ekishousyuuri.com

 

パソコンやスマホタブレットを専門にしている修理店の記事。ここには、安易に乾燥剤を使ってはいけない等々書いてあった。

一時的には復活するだろうが、長期的に使っていくとなると難しい、

中途半端に乾燥をさせてしまうと、内部で水がついた部分が腐敗していく、

やはり、専門の業者に修理に出して、中を分解してもらう方が安全、

などなど。

 

うーん…信憑性は高いだろうけど、金ないしなぁ…と思った貧乏人な私。もはや、業者の考えを受け入れる余裕などなかった。

その日は友人と遊ぶ予定だったので、車でドラッグストアへ連れて行ってもらう。

そこで一番安い乾燥剤を手に取り、ついでにトイレットペーパーも買う。

会計の際申し訳無さそうに、「大きい袋ください」と言った。大抵のドラッグストアでは、取っ手がついているトイレットペーパーのような商品でも入る大きな袋が用意されている。本命はこれだ。

トイレットペーパーはこの大きい袋を手に入れるチケットのようなものだった。

以前ドラッグストアでバイトをしている際、ペーパー入る袋くださいという客が結構多かった。いや、取っ手あるんだからそれ持てや、資源の無駄、なんて否定的に思っていたが、まさか私がその袋に頼る日が来ようとは思わなかった。

 

それから自宅に帰り、パソコンの画面とキーボードの間に乾燥剤をはさみ、巨大な袋にぶち込んで密閉した。

それから一週間後…

無事直った!

キーボードもすべて動作確認、異常なし!

内部のことなんか知らない!

どうせ古いパソコンだし、いや一応大川から譲り受けた代物ではあるけど…

壊れたら新しいの買う。