元ニートのキャンパスノート

元ニートが頑張って社会に馴染んでいくブログ

周りで投資を始める人が増えてきました

f:id:takau_0celtis:20210913080901j:plain


私の周りで、投資を始めたり、投資に興味を持つ人が増えてきました。
私も今年の1月から投資を始めた手前、親近感を抱きました。

さてそんな彼らに、どうして投資を始めようと思ったのか、具体的に何を始めたのか、
気になったので色々聞いたり、教えたりしました。

私自身まだまだ投資初心者の域を出ませんが、初心者なりに考えたこともあれば、
ああすればよかった、つまづいたことも色々ありましたから、
彼らの力になってやりたいと思っています。

YouTubeでつみたてNISAやiDeCoを知った人らが多い

彼らに投資するきっけかとか、つみたてNISAやiDeCoをどこで知ったかを聞いてみたんですが、
なんとYouTubeがほとんどでした。やっぱり、昨今ではYouTubeが情報収集のツールの主流と化してきていますね…
そんな私も例外なく、YouTubeで情報収集しています。

オリラジ中田のYouTube大学とか、リベ大とか観てる人が多く、やっぱり知名度高いなぁと。
中にはひろゆきが『つみたてNISAとiDeCo両方やった方がいい』って言ってたから始めた」という人もいてビックリしましたw
まさかのでしたね(笑)少し前から、ひろゆきの切り抜き流行ってますからね。

つみたてNISA・iDeCoどっちか片方のみ、始めているor検討している

つみたてNISA か iDeCoのどっちか片方のみ始めたor始めたい、という人がほとんどでした。
家賃や住宅ローンを払いながら、両方始めるのはキツイとのことでした。
両方始めようと人は、嫁さんの実家に巣くってる幼馴染くらい…(笑)

ちょっと関心したのは、つみたてNISA・iDeCoを両立できることを知っていたり
つみたてNISAにせよiDeCoにせよ、全員が漏れなく満額投資していたことですね
運用益が非課税になることをきちんと理解していての、満額投資でした。
自分なりに調べて勉強しているようで、そこは素直に関心しました。

つみたてNISAは楽天証券iDeCoSBI証券を進めといた

もう始めた人にはああだこうだ言っていませんが、
これからつみたてNISAないしiDeCo、あるいは両方始めようとしている人らには、
つみたてNISAは楽天証券で、iDeCoSBI証券で始めるといいよと教えておきました。

つみたてNISAを楽天証券で勧めたのは、ファンドもそれなりに豊富だし楽天証券が初心者には最適だと思ったのと、
クレジットカードで掛金を支払えることにアドバンテージがあると考えているからですね。
 # クレカで掛金を支払うと、掛金の1%はポイントとして還元されるため
なので楽天カードもセット(できれば楽天銀行も)で申し込むと良いよと勧めておきました。

iDeCoSBI証券で勧めたのは、iDeCoの取り扱い商品に「eMAXIS Slim シリーズ」が存在するから。これだけです…(笑)
まぁあとは楽天証券SBI証券の両方の口座を持っておいて損はないから、とかですかね。
というのも、私自身、楽天証券iDeCoを始めたことを多少後悔しているからなんですよねぇ。

この界隈なら知る人ぞ知るコピペ(彼女いるなら損切りする、の奴ですw)に、

楽天証券でイデコを始める。SP500インデックス投資信託を月23000円つみたてる。」


と書いてあったので、妄信して楽天証券iDeCoを始めたら、SP500のインデックスが無かったという。。
 # もちろん、「eMAXIS Slim シリーズ」もない
 # iDeCoの取り扱い商品に「eMAXIS Slim シリーズ」が存在するのは、SBI証券マネックス証券です(私が知っている限りでは…。他にもあるかも)

これに関しては本当に情弱の極みでした。事前調査せい、と。。
まぁ幸い楽天バンガードシリーズという素晴らしい商品がありますので、黙って楽天VTIを買ってます。

感想:個人的にはiDeCoから入るのをお勧めしたい

私個人としての意見ですが、将来を見据えて投資を始めるなら、iDeCoから入ることをお勧めしたいです。
家庭を持っている方なら尚更、まずはiDeCoだと思います。
理由はシンプルに、節税効果が高いからですね。
iDeCoは運用益が非課税になることはもちろん、掛金に対しても税金控除がなされますから、
老後を見据えた資産形成には爆アドです。途中で引き出せない、なんてデメリットはこの爆アドで吹き飛びます。

そもそも、途中で引き出すぐらい切羽詰まっているなら投資はやらない方がいいし、
そうなる前に投資ペースを落とすなどペース配分した方がよい。
 # 投資は身を削ってするものではないと思っています…(笑)

何はともあれ、投資に興味を持ってくれる人が周りに増えてきて嬉しいです。
投資の話ができる人って、あまり周りにいませんでしたから…(職場の上長くらい)
まだ右も左もわからない人もいるので、そのような人には親身になって協力してあげたいです。