元ニートのキャンパスノート

元ニートが頑張って社会に馴染んでいくブログ

毎日の日課の読書時間を30分増やします

f:id:takau_0celtis:20210921142651j:plain


予め決めておいた日課に従って、順次タスクを消化していくことに慣れてきたので、
日課として続けている読書の時間を30分増やすことにしました。

理由はいくつかありますが…
もともと1日30分だと少々ローペースに感じていたことだったり、
日々の日課を消化した際に平日でも割と時間が余ることがわかったからです。
 # 最近は余った時間をドラクエ3にすべて充てているので、もっと生産的な活動に充てた方がいいよなという、戒めもあります。。

チリツモを信じる

読書時間を30分増やした場合、現在続けている読書時間も合わせたら、
1日1時間の読書時間を設けることとなります。
つまり、今までの倍の時間を読書に充てることができるということですね。

今回の場合ですと、1週間で7時間、1か月で約30時間、年間で約365時間を読書時間に充てることができると。
これを多いか少ないと思うかは、人によって、あるいは目的や観点によって変わるかと思いますが…
私としては満足な量ですし、それよりも時間に関係なく、少しの時間でもよいので日々積み重ねていくことが大事だと思っています。

とはいえ一旦は、1日1時間が無理のない範囲ですかねぇ。平日の仕事だったり、他にやりたいこともあるので、これ以上増やすのは少々キツい。。

プラスで増やす30分は小説を読む時間にします

現在は学術書(この表現が正しいのかどうか…要するに、分厚い専門書ですね。。)を毎日30分読み進めていますが、
平行して小説も読み進めていくことにしました。

ブックオフで手当たり次第に買った中古の小説が大量に本棚に眠っています。俗に言う「積読」というやつです。
読みたいと思って買った小説ですから、どこかで時間を作って消化したい、という気持ちがありました。

かと言って一気に読むと、「疲れたししばらくはいいかな」とまたお蔵入りしてしまうので…
日課として小説を読み続け、これら積読をコツコツ消化していきたいと考えています。

さいごに:読む速さはまだ考慮しない

さて、時間を確保することはできるようになりましたが、
読む速さについては全く考慮していないです。。

速読とか向いていないんですよねぇ。
私が好きな作家、佐藤優さんの「読書の技法」を勉強して大学生の頃試したことありますけど。ムリムリ。
そもそも読書の技法の中では、「読むに値する本かどうかを見極める」ための手段として速読をするみたいな意味合いがあった気がしますから、
現在読んでいる本は(私の中では)読むに値する本なので、読書の技法に従うと、速読する必要性はないと思っている…

なので今は読む速さについてはあまり気にせず、気ままに読み進めています。
どっちかというと、熟読の部類かと思われます。
読む速さについては、また読書の技法を読んでから今度考えます。